スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション力をあげるために



コミュ障な私が、全力で小学2年長女の懇談に挑んだ話。
しかも、敵(担任)は無愛想でぶっきらぼうな30代未婚男子。

戦場(学校)に向かう途中で、ちょうど懇談を終えたという
同じクラスのママさんに偶然出会ったので、状況確認。

聞くところによると、
「無事に終わったよー。相変わらず笑顔が無かったけどww」

やはり笑顔がないのか。
まずは敵を笑わせることを目標にしようか。

ここで、手持ちの資料から
コミュ障の私に向けたメッセージを確認。


【コミュ力を上げるための5か条】
①とにかく相手の話をじっくり聞こう
②ミラーリング(相手に対してその仕草や動作を真似る行為)を意識しよう
③話し方を意識しよう
④話す内容を考えよう
⑤常に相手のニーズを考えよう




ふむふむ。


・・・

・・・・・・

・・・・・・・緊張して、実践できるだろうか。



そして都合上、長女次女を連れていざ戦場へ。

去年のパターンだと、
親は担任と個人懇談、子供は廊下で待機。のはずが


「あ、どうぞ一緒にお入りください。」


「え?あ、はい。(あ、一緒でいいのね)」




・・・15分後、戦闘終了。


結果。子供達に大いに助けられました(;´▽`A``


担任の笑顔は・・・少し見れたかな?
子供としゃべってる時に。
笑わせた。とは言い難いな。
子供のユニークな返答に微笑んでたって感じ。

よし。
これから5ヶ月、コミュ力を磨いて、次回の懇談でリベンジするぞー。
(不安なので、一応和ませ係りの子供達も連れていって)



本日もお読みいただいてありがとうございました。





関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。