スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れ残ったクリスマスチキンの行方

2012クリスマスツリー2
気がつけばもう12月31日。
ブログ更新が滞っております(;´▽`A``

えー、タイトルにある売れ残ったクリスマスチキンについて
忘れないうちにメモって記事にしておこうかなと思います。

ちなみに私の勤めるスーパーマーケットの肉売場での事例です。


■鳥一羽丸ごと
ローストチキン※画像は焼いた物のイラスト
当店では焼く前のものを生の状態で下処理して販売していました。(139円/100g)

こちらは売れ残ったら解体して鍋物用として販売(109円/100g)


■ローストチキン(骨付きもも肉を味付けして焼いた物)
ローストレッグ
こちらは1本600円前後で販売。
クリスマス用のものは既に焼いた物が真空パックの状態で入荷してたので
当日は軽く加熱して(湯せん)から販売。

調理前のものが売れ残ったら、冷凍しています。
調理済みのものが売れ残ったら廃棄処分です。

■骨付きもも肉
100g150円から200円で販売。
売れ残ったら「ぶつ切り(4ー5等分)」にして販売。
ぶつ切りした骨もも肉は意外とよく売れました。

クリスマスの肉屋にチキン事情はこんな感じだったかな?

あ、ちなみにローストビーフはよく売れてました。

簡単にですが、記事にしました。
また思い出したら追記するかも知れないです。


あと、年末年始の肉屋事情も記事に出来るといいなと思っています。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。