小学2年生の忘れ物対策

desk-600482_640.jpg

小学生に通う子供の忘れ物。

うちの長女@小学2年生は、ハンカチティッシュをよく忘れます。
母である私も朝はバタバタしていて、声をかけ忘れるので
ランドセルに予備のハンカチティッシュは忍ばせてあります。
この対策は、まあ序の口。


連絡帳やら学校からのプリントで帰宅したらすぐに確認して準備しているので、
学校へ行くときの忘れ物は少ないほう。
と認識しています。


私が問題に思っているのは、学校から帰ってくるときの忘れ物。
これが多くて困ってるの(;´▽`A``

・傘
・給食袋
・上着(特に季節の変わり目)
・手袋、マフラー


机の中の学習用品は、先生が「確認しなさいよー」と指導してくださっているらしく
忘れてくることは滅多に無いのですが、
机の中に入っていない上記4点については、ホント多い!


そして、2学期の懇談時に
真面目に先生に相談しました。


「忘れ物が多いんです。」
「あれ?そうですか??こげこげ長女さんはそんなに多くないと思いますが?」
「あ、学校へ持ってくるものではなくて、学校に忘れてくるんです。
傘とか上着とか、給食袋とか」
「あ・・・。」


・・・めっちゃ納得されてしまいました(;´▽`A``


でも、懇談後、帰宅時の忘れ物が少なくなってきた?
って感じたので考察してみました。

傘・・・下校時、担任が傘を忘れている子供に声かけしてた。
(傘立てにも出席番号が書いてあって、誰の傘か番号でわかるようになっている)

給食袋・・・頻度が減ったので担任が声かけしてくださっている模様

上着、手袋、マフラー・・・椅子にかけたり、ロッカーの中に入れるのではなくて
ランドセルの中に収納するように指導されている模様。
ランドセルに教科書等をしまう時に必然的に目にするので、忘れて帰る頻度が減った。

あ、これイイなって思いました。
ランドセルに入らない上着(厚手のコート等)は困るけどね。


担任の先生、ありがとうございます!


【結論】
家では親がチェック。
学校では先生にチェックしてもらえるように相談する。





この記事では触れなかったけど、
本気で忘れ物に悩む方は
google先生で「忘れ物 対策」で調べてみると
詳しく載ったサイトがありました。
参考にしてみてください^^
 

それでは本日もお読みくださってありがとうございました^^





関連記事
子供忘れ物

Comments 0

Leave a reply