【十勝名物豚丼カルビ食べてみました】

休日のランチや1日お出かけしていた日の夕食。
メニューを考えたり、作るのが億劫です。
そんなときに、手軽に作れる美味しいものは無いかなーって思っていたら、

テレビショッピングでおなじみ『とれたて!美味いもの市』
オリジナルの豚丼カルビをお試しさせていただきました!!

1人前ずつ具材とタレが小分けされています。
冷凍で届くので調理前は解凍が必要です。
IMG_1928.jpg

それが、なんと16人前!とサービス品、豚ロース塩糀漬け付きです。
豚カルビ丼

パッケージの裏面の表記どおりに、フライパンで加熱しました。
豚丼

1袋(一人前)約130gで、カルビが6-7枚入っています。
このお肉を、さっと焼けば、
あとはタレをかけたご飯に乗せるだけで出来上がりです。
豚丼

≪十勝名物豚丼カルビ≫
厳選した豚バラ肉に秘伝のタレに漬け込みました。
豚ばら肉は三枚肉ともいわれ、赤身と脂肪が交互に層となってるのが特徴です。
そのため柔らかくコクがあり、ジューシーさが人気の部分です!
脂肪も多いのでカロリーは高めですが、コレステロールは牛肉や鶏肉より低めなのが特徴です。糖質を分解をするビタミンB1や、コレステロールの抑制をするナイナイアシンも多く含まれています。

★豚丼カルビのタレ
「コク」と「旨味」が自慢の、醤油ベースのオリジナルタレです。
醤油とみりんと水あめなどを、半分になるくらいまで低温で煮詰め、
これを2週間くらい低温熟成してから肉を漬け込みます。
肉に絡みやすく、トロ~っとしたタレだから、
よく味がしみ込み、美味しくなるそうです。
★ご飯のタレ
ご飯のタレは豚骨ベースに利尻昆布のダシをミックスしまして、
まろやかですっきりしてる甘さに仕上げました。
さらっとしてご飯によく合い、いつまでも飽きずに食べられます。
ご飯のタレは別添というこだわりっぷりです。


あらかじめタレに漬け込んであるお肉で、私にはちょっと濃く感じましたが
タマネギなどのお野菜を入れたらちょうど良い感じ^^
ご飯のタレは、甘いけど醤油辛くなくて、タレとご飯だけでも頂けそう。

旦那もちょっと濃い?って感じていたようだけど
保存性を高めたレトルトだから、こんなものでしょうと言っていました。
まだ沢山残っているので、簡単で美味しい「豚丼カルビ」が楽しめそうです


十勝名物豚丼カルビは、
とれたて!美味いもの市さんで購入することができます。
http://umaimono.tv/umaimono/7.1/233042/

とれたて!美味いもの市ファンサイト参加中
関連記事